医療保険の特約

医療保険の主契約は、入院給付金と手術給付金の2つで、この2つの契約を柱として、加入者の希望によって様々な特約を付加することになります。外資系の保険会社の場合は、すでに主契約と特約がセットになったものも販売されていますが、国内のものは自分で欲しい特約を付加していくことになります。

医療保険に特約は必要なのでしょうか?

医療保険の特約とは、保険会社によっても違いはありますが、女性特約、ガン特約、成人病特約、ファミリー特約などがあり、最近特に注目されるようになったのが先進医療特約です。この特約は重篤なガン患者などに対して行われる高度な治療で、治療する器械も大変高額で、設置されている病院も少ないことから数百万円単位のお金が必要となります。しかし、一般の人にはこのように高額な治療費を出すことができないため、保険によって治療費を保障してもらう、という考えで人気となっているのです。ただ、実際にこの高度な先進医療を受けたとしても、実は給付金を受け取ることができない場合もあります。給付金を受け取るには、厚生労働省が承認した医療機関での治療が条件となっているので、それ以外の場所で治療をした場合には給付金は受け取れないのです。他の特約も同じく、給付金を受け取るには、保険会社が条件としている治療をするなど、一定の条件満たしていないといけないものが沢山あるのです。必要な特約があればその条件をしっかりと把握して、自分に合っているかを見極めて付加していくようにしましょう。特約を付加することによって、もしもの時のための備えにはなりますが、やみくもに将来が心配だからと言って付加し過ぎないことも大切かもしれません。