医療保険の種類について

テレビコマーシャルでもこの医療保険の名前をよく耳にするようになりましたが、人気が高まるにつれ、その商品も多数販売されるようになり、種類も増えてきました。そこで、実際にどのような種類が医療保険にはあるのかを見てみたいと思います。

町田のバイトはこれ
【OKWave×マイナビバイト】の町田×アルバイト一覧

種類と保障内容について

医療保険は第三分野の保険と呼ばれていて、生命にかかわる第一分野、物にかかわる第二分野に次いで、手術や入院のための新しい分野となっています。第一分野と第二分野と同じように、生命保険会社や損害保険会社、共済などで販売されていて、以前は外資系の保険会社が大きな市場となっていましたが、最近は国内の保険会社でも次々に販売を行っています。外資系の保険は主契約とセットになったものが多く、国内のものは主契約に自分で特約を付加するものが多い傾向にあります。医療保険と言えば掛け捨てのイメージが強かったのですが、最近では掛け捨てではない医療保険も販売されるようになりました。加入してから何事も起こらなければ数年後に保険料の一部が戻されたり、解約した際にも戻るような貯蓄ができる保険も出てきました。ただ、掛け捨ての保険よりも支払う保険料は高額にはなります。また、医療保険の保障期間は1年のものもあれば終身のものもあり、会社によっては最長80歳、さらに最長90歳まで更新していく保障内容もあります。保険料の払い込み期間も会社によって違いますが、1年間、あるいは60歳などの定期のものと、終身から選ぶことができます。

『ニコン』をさがすならこのサイト

ハイアール
http://www.haierjapan.com/