メリットとデメリットがあるはずです

医療保険には積立型と掛け捨て型の2種類があることをご存じでしょうか。2つあるということは、両方にメリットとデメリットがあるはずなので、その両方を見てみることにしましょう。

医療保険の積立と掛け捨てについて

まず積立型の医療保険を見てみましょう。積立型のメリットは何と言っても、保険料の一部が手元にかえってくることです。会社や保障内容によって違いはありますが、一定期間ごとにかえってくるもの、一定期間ごとに何事も起こっていなければかえってくるもの、保障期間終了後にかえってくるものなどで、保険期間中に何事も起こらない場合には掛け捨てよりもお得感を感じるかもしれません。しかしデメリットとしては、一部のお金がかえってくる分毎月支払う保険料は割高になります。次に掛け捨て型の医療保険を見てみましょう。掛け捨て型のメリットはその保険料の割安感にあります。保険料は少なくて保障は安心、というのがこの掛け捨ての売り文句ですが、保険期間内に何事も起きなければ割安感のある掛け捨ての方がお得感もあるかもしれません。ただデメリットとしては、解約や保険期間の終了後にほとんど保険金がかえってこないことです。毎月少しずつでも支払ったお金が全くかえってくることが無いので、貯蓄性もまったくありません。ただ、最近の掛け捨てにも特約を付けることで、一定期間ごとに一部のお金がかえってくる保険もでてきていることも知っておいてください。

どちらが得なのか

積立と掛け捨てについて、支払額の総額やメリットデメリットなどを考えた場合、自分にはどちらが得なのか、皆さんはそれを知りたいと思うはずです。しかし、本当に得かどうかは保険期間が終了してからでないとわからないのです。それは、保険期間内に保険金を受け取るような事故や病気がおきるかどうか、全く受け取るようなことがないか、また、その保険期間の長さ、保険料の支払いの総額など、様々な面から考える必要があり、全てを試算することは無理なのです。そうなると、自分だけでは決められないことも出てくるはずです。このような時に頼りになるのが中立的な立場で保険を紹介してくれる保険の専門家やファイナンシャルプランナーです。今の自分の家の家族構成や家計、仕事、ライフプランなどを聞いてもらい、それに合った医療保険の提案をいくつか受けたうえで判断するのです。保険はあくまでいざという時の味方であり、安心できるお守りです。それを考慮した上で、よりお得なものや積立できるものを選んでいくようにしましょう。

ハイアール
http://www.haierjapan.com/refri.html