医療保険の保障の選び方について

医療保険とは突然の事故や病気で手術、入院をした際に役立つ保険です。通常、国の保険に加入していれば、病院にかかっても3割程度の負担となり、生活を脅かすほどの大金はかかりません。しかし、大きなケガや病気、長期入院ともなると3割負担でも相当な金額が必要となります。そのようなもしもの時の手術、入院の備えとして医療保険が役立てられています。医療保険の保障には色々なものがあり、選ぶのにも「あれがいい」「これがいいかも」と迷ってしまうものです。自分に一番合った保障内容を選ぶにはどのような点に気を付けるといいのでしょうか。これから医療保険に加入しようという方や、今までに入っていた保険の見直しを考えている方も、是非参考にしてください。

保障内容について

保障内容は、主に入院給付金の場合、一日の給付金額、入院保障が開始される日、終身か定期、掛け捨てか積立型にするか、特約、などがあり、これらを一つづつプランを見て決めていきます。入院給付金は、入院をした場合にのみ保険金を受け取ることができる医療保険ですが、入院1日に対していくらの給付金を受け取るかを決めます。理想としては、1日10,000円あれば余裕が持てると言われていますが、そうなると支払う保険料も高くなるので、一般的には5,000円から10,000円の間が最も多いようです。その給付金は、入院してから何日目から受け取れるようにするのかも選んでおく必要があります。これにも色々な種類があり、日帰りのものから長いものは8日以上の入院のものまであります。これも、保険料を安くしたければ5日目の入院から、日帰りでもしっかりと受け取りたければそれなりの保険料を支払うことになります。次に保障してもらえる期間と保険料の支払い期間を選びます。これは定期で終身や70歳までなど設定した年齢、あるいは10年単位などから選び、支払い期間も同じように選びます。次に掛け捨てにするか積立にするかを選びます。以前の医療保険のイメージは掛け捨てのものばかりと思われる人も多いようですが、最近では積立型のものも増えています。掛け捨ては保険料が安い分、数年ごとの払い戻しや解約時の解約金などはほとんど支払われることはありません。しかし、金額を上乗せすることで、数年ごとの払い戻資金があったり、解約した際にもお金を受け取れる積立型も人気となっています。最後に特約です。他の生命保険もそうですが、特約は付加する数が多いほど保険料は上がっていきます。医療保険の特約には女性特約やガン特約、ファミリー特約など保険会社によって様々な特約が販売されています。